髪の毛が抜けて薄毛になるのを防ぐ寝方があるって本当?

寝相と抜け毛は深い関係にあるって本当?

寝相と抜け毛は深い関係にあるって本当?

抜け毛が増える要因にはいくつか考えられますが、寝相もと抜け毛にも深い関係があります。

寝相と抜け毛の深い関係のひとつは、寝返りがあります。寝相が悪いと寝ている間に寝返りを何度もうつため髪の毛が枕などの上で乱れて寝癖がつきやすくなります。

また寝相が悪いと頭の一部が圧迫されて、圧迫された部分が抜け毛が増えることがあります。これは圧迫性脱毛症ともいう脱毛症です。

寝相が悪くて頭の一部が長時間圧迫されると頭皮が血行不良となり、その部分が薄毛や抜け毛となってしまうのです。

圧迫性脱毛症を改善するためには、なるべく仰向けで寝たり、寝返りを減らすことです。

寝返りが多いというのは睡眠も浅くなることにつながることがあり、入眠をスムーズにする工夫をすることで睡眠の質を高めることで寝返りも減り、圧迫性脱毛症も改善することが期待できます。

寝相が悪いと薄毛になる?

寝相が悪いと薄毛になる?

寝相が悪いこと自体が直接薄毛になるということではありません。ただ、寝相が悪いと髪の毛の生えているところを圧迫するような体制で眠ることがあります。

すると圧迫されているところの血行がわるくなるので、そこが薄毛となるということはあります。髪の毛はとてもデリケートです。

髪の毛が生えているとこは毛細血管が張り巡らされたところから生えているのですが、この毛細血管は圧迫されたりするとすぐに血行が悪くなります。

ですから、寝相が悪くて何度も同じようなところが圧迫されるようなことになっていると、これが薄毛につながることは考えられます。

髪の毛は寝ている夜に作られると考えられているので、その間に血行が悪くなればその影響は髪の毛に出てくるということです。

寝ている間に薄毛になる要因

寝ている間に薄毛になる要因

寝ている間に薄毛になる要因のひとつとして、就寝時に使用している枕があげられます。

それは、通気性が悪い枕を就寝時に使用することによって、頭と枕が接している部分に熱がこもってしまい、頭皮に雑菌が繁殖しやすい状態になります。

それによって、抜け毛や薄毛を引き起こす原因になるといわれています。

また、枕の高さが適切ではない場合は、首や肩周りに不必要な力が加わってしまい、血流が悪くなり、頭皮や髪の毛に栄養が行き渡らなくなりますので、その結果、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまうといわれています。

このように、寝ている間に薄毛になる要因のひとつに、就寝時に使用している枕の形状や硬さ、通気性の良し悪しがあげられるといわれています。