男性女性関係なし!?圧迫性脱毛症の症状や対策は?

圧迫性脱毛症とはどんな症状?

圧迫性脱毛症とはどんな症状?

圧迫性脱毛症とは、頭部の毛髪が外部からの圧迫によって抜け落ちてしまう症状を指します。

帽子、ハットやヘルメットなどの着用によって頭部が圧迫されてしまい、血行の流れが悪くなってしまうことが原因となり毛髪が抜け落ちてしまいます。

圧迫性脱毛症の予防法としては、帽子やヘルメットを長時間被らないということが挙げられます。

長時間被らざるをえない事情がある場合は、あまり頭を締め付けすぎない程度に帽子やヘルメットを緩めて、数十分に1回は一時的に被るのをやめて血液の流れを良くするようにしましょう。

また、圧迫性脱毛症は元々血行が悪い人がなりやすいので、定期的に頭部のマッサージなどをして血行を良くする様にすることも大事です。

圧迫性脱毛症はどんな人がなりやすい?

圧迫性脱毛症はどんな人がなりやすい?

圧迫性脱毛症はどんな人がなりやすいかというと、きつい帽子やきつめのヘルメットを長時間使用している人がなりやすいといわれています。

それは、帽子やヘルメットを使用することによって頭皮が圧迫され、血行不良を引き起こしてしまうのが理由です。

その結果、頭皮に栄養が行き渡らなくなりますので、側等部や前頭部の生え際などの髪が弱くなって抜けやすくなるといわれています。

特に、通気性の悪い帽子を使用することは、頭皮が蒸れてしまい、雑菌が繁殖し、炎症を引き起こし抜け毛を進行させてしまう場合があるといわれています。

このように、圧迫性脱毛症は、頭皮を圧迫し、通気性が悪い帽子やヘルメットを仕事などで頻繁に使用する人がなりやすいといわれています。

圧迫性脱毛症を防ぐためには?

圧迫性脱毛症を防ぐためには?

圧迫性脱毛症を防ぐためには、一日中帽子やヘルメットをかぶり続けることを避けて、頭皮と頭髪に風を通すように心がけることが大切といわれています。

そして、定期的に帽子やヘルメットを取り、頭皮を圧迫する時間を短くすることによって、頭皮の毛細血管の収縮を防ぐことができ、圧迫性脱毛症を防ぐことができるといわれています。

また、頭皮マッサージや入浴、血行促進効果のある育毛剤を使用することで、頭皮の血行を促進することができますので、圧迫性脱毛症を防ぐためには大切な方法といわれています。

このように、圧迫性脱毛症を防ぐためには、頭皮を長時間圧迫することを避けて、頭皮の血行を促進することがとても大切といわれています。