枕によっては薄毛やハゲになる?男性と女性が選ぶ枕のお話

枕なしで寝ると薄毛になるのか?

枕なしで寝ると薄毛になるのか?

薄毛対策にとって枕をどうするかはとても重要な選択です。もしも、自分に合っていない枕を使っている人がいたら、すぐに使用をやめてください。実は、枕なしのほうが薄毛になりにくいです。なぜかというと、自分にフィットした枕を使っていない場合、頚椎を圧迫することになりますので、血流の流れが悪くなって、髪にうまく栄養が運ばれなくなってしまいます。また、うまく眠ることができないので、薄毛の原因となるストレスがたまります。ですので、枕が合っていないならむしろ枕を使わないほうがいい結果をもたらします。

薄毛にならない正しい寝方

薄毛にならない正しい寝方

薄毛で悩んでいる方は頭皮の血行が悪くなっている場合が高いので、血行不良で毛根に栄養がきちんと行き届いていない可能性があります。一番頭皮の血行を良くする寝方は、髪の毛に負担をかけにくい左右対称の仰向けで眠ることが重要になります。しかし仰向けでは眠りにくいという方は、肝臓による内蔵の圧迫を防ぐためにも右向きで眠るようにするのも大切になります。どうしても寝相が悪くなってしまう場合は、髪と枕の摩擦を防ぐナイトキャップの利用も効果的です。

髪が生える寝方が存在する?

髪が生える寝方が存在する?

髪の毛が生えてくる寝方や姿勢については様々な捉え方がありますが、頭皮に良い寝方というものが存在します。頭皮のことを最優先に考えれば、寝る際に仰向けではなく横を向いて寝ることがポイントになります。横を向いている姿勢であれば、頭皮に血がスムーズに流れる状態を保つことができます。仰向けのような通常の姿勢でも血は流れますが、横を向けばより頭頂部へ血が流れ髪の毛が生えやすくなります。この方法は薄毛で悩んでいる人に効果的であるため、日頃から意識し横を向いて寝るという寝方を試していただきたいです。

自身に合う枕の選び方

自身に合う枕の選び方

快適な睡眠に枕はとても大切です。現在使ってるものが合っているかをチェックしてみましょう。朝起きると首や肩が張っていたり、痛みがある、首のしわが同じ年齢ぐらいの人より多い、いびきをかくというようなことがあれば、枕が高いのですが朝起きると顔がむくむ、枕に手を当てて寝ているようなことがあれば高さが低いということなのです。ごじぶんにあった高さの選び方は横向きに寝たときに頭と首、上半身が水平に近い状態で寝返りが自然にうてるものが快適な睡眠をえられるといわれています。素材はお好みによって変わりますが、極端に硬いものや頭が沈んでしまうものは高さが変わってしまいますので避けた方が無難です。

誰でも可能性がある圧迫性脱毛症

誰でも可能性がある圧迫性脱毛症

圧迫性脱毛症の症状としては前頭部や頭頂部から抜け毛が発生してしまう病気です。この原因としてはヘルメットや帽子を長時間被ることが挙げられます。ずっと頭が圧迫されたままだと血流が悪くなってしまいますし、前髪を上げたまま被ればずっと前髪が引っ張られることになります。そのため、男性でも女性でもこの病気になってしまう可能性があるわけです。対策としては、定期的にヘルメットや帽子を脱ぐことと前髪を上げて被らないことです。これをすれば圧迫性脱毛症を予防できます。